♦ twinkle*twinkle ♦

  • スポンサーサイト
  • --.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 短歌101-120
  • 11.18.20:13
101.
今日は少し自分に甘くしてみようピンクのチークのほっぺで思う


102.
いつだって笑ってたいから私はもう嘆いてばかりは卒業するね


103。
見えなくて不安になるなら「眩しくて」がいい一寸先は光で満ちてる


104.
君がいないアタシの中にも何もないでも「だから?」って地球は回る


105.
愛す事より愛されていたいって考えている事のが多い


106.
君の手で満たされて行くその愛が嘘でもいいよ夢でもいいよ


107.
とりあえず抱いてもらえば満たされる自分をバカだと思いはするけど


108.
不機嫌な顔ばっかしておもしろい?ホントの君はカワイイのにさ


109.
もし君が結婚式を挙げたなら生霊として出席するわ


100.
花だっていつか絶対散るように恋だって終わる「色は匂えど」


111.
「何のため生きてるのかな」そんなこと言っていないでまず笑いなよ


112.
答えにはなってないけど君のことアタシは好きだよ忘れないでね


113.
絶望の朝がくるから今のうち逃げれるとこまで逃げたい夜中


114.
神様がいるならお願いあのヒトと同じ地獄にアタシを堕として


115.
あいたくて例えば知らない街でさえ似た面影をさがしてしまう


116.
少しでも多く相手を傷付けたほうが勝ちだと思いこんでる


117.
意地をはる事にいったいどれだけの意味があるっていうんだろうね


118.
今朝未明、同級生が死にました彼に未練はなかったのかな


119.
終幕は突然にそして簡単に降りると知った19のアタシ


120.
「精一杯生きなきゃきっと後悔する」単純な事にやっと気付いた
スポンサーサイト
 ♦ home  ♦  
entries
monthly
category
comments
trackbacks
author

美緒

美緒

短大2年生、20歳、A型。星座は山羊座。
短歌は高校生からのお付き合い。
今ちょこちょこと歌集を作ったりしています。

RSS 1.0 // HTML 4.01 // RSS FEED // admin

links
search
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。